老人ホームを探す

老人ホーム・介護施設にはいろいろな種類があり、公共施設、民間施設、目的、費用さまざまです。
どのような違いがあるのかさっぱりわからないという方がほとんどではないでしょうか。どのような介護施設があるのか整理しましょう。ご利用者様の状況、介護をされているご家族の状況などによって適切な老人ホームや介護施設があります。お気軽にキクヤ八王子老人ホーム紹介センターまでお問い合わせ下さい。

◆介護サービス
介護サービスは大きく3つの種類があります。
①訪問型介護サービス …介護事業者がご自宅に伺いサービス提供を行う介護サービス
(訪問介護、訪問入浴介護など)

②通所型介護サービス …利用者が通うサービス形態の介護サービス
(デイサービス、通所リハビリテーションなど)

③施設型介護サービス …利用者が住み、サービス提供を受ける介護サービス
(特別養護老人ホーム、サービス付高齢者住宅など)

ライフスタイルに合った施設や介護サービスを選ぶことが大切です。

○○○○○○○○イメージ

□特別養護老人ホーム(特養)

○○○○○○○○イメージ

社会福祉法人や地方公共団体が運営母体となっている、公的な高齢者居住施設になります。低料金で利用できますが、要介護度5など介護度が高く、経済的にも自宅での介護が困難な人が優先的になります。

 





□介護老人保健施設(老健)

○○○○○○○○イメージ

同じ施設サービスである特別養護老人ホームに比べると医療ケアが充実しているという側面があり、自宅と病院との中間のような役割を持っています。在宅での生活を目指すことが基本的なスタンスのため、入所期間は3ヶ月から半年長くても1年未満となっています。

 


□介護療養型医療施設

○○○○○○○○イメージ

療養上の医療を必要とする方のための施設で、病状が安定期にあり、長期間にわたる療養や介護が必要な方を入居対象。特養や老健よりも寝たきりなどの要介護度の高い方が多く利用しています。

 

 



□軽費老人ホーム

○○○○○○○○イメージ

食事付き(A型)、食事なし(B型)、ケアハウス(C型)、の3種類あります。A型とB型は、健康で自立した生活ができる人が入居対象であるのに対して、ケアハウスは身体障害があったり、自立して生活するのに不安があったりする高齢者が入居対象になります。

身寄りがなかったり、家庭環境や経済状況などの理由によって、家族との同居が

困難な方が「自治体の助成を受ける形」で、比較的低額で入居できます。

 

□養護老人ホーム

○○○○○○○○イメージ

65歳以上の自立の方で、虐待や心身上の障害、および低所得などの経済的理由から、家庭での養護が困難と認められた人を対象とした施設です。特別養護老人ホームとは違い、介護保険の施設サービスではなく、行政が管轄している施設のため、入居の申し込みは市町村の窓口となります。

 



□グループホーム

○○○○○○○○イメージ

施設所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となる地域密着型サービスのひとつ。主に認知症の高齢者が1ユニット(5~9人以下)で共同生活をする施設ですが、他にも 嚥下障害や学習障害などの障害に対応した施設もあります。




□サービス付高齢者向け住宅(サ高住)

○○○○○○○○イメージ

日常生活や介護に不安を抱く高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるようにという、いわゆる地域包括ケアシステムの対象として設置されている高齢者向けの居住施設。介護保険と連携して「24時間地域巡回サービスを組み合わせられるため、介護が必要な 高齢者でも安心して入居できます」

 

 


□有料老人ホーム

○○○○○○○○イメージ

◎介護付…各都道府県により「特定施設入居者生活介護」の認定を受けている介護施設です。介護サービスが提供されているのはもちろん、食事をはじめとした健康管理、掃除や洗濯、入浴、排泄など日常生活に関するサービスもうけられます。

 

◎住宅型…ホーム内の職員が介護・看護等を行うのではなく外部の訪問介護等を利用して生活をしていく施設

 

◎健康型…入居者であることが用件となる。介護が必要になった場合は原則撤去。

 

 

 

□小規模多機能型居宅介護

○○○○○○○○イメージ

介護が必要となった高齢者が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、要介護者の様態や希望に応じて、「通い(デイサービス)」を中心として、随時「 訪問(訪問介護)」や「泊まり(ショートステイ)」を組み合わせた3つのサービスを提供する在宅介護サービスです。これらのサービスを同じスタッフが対応するため、 連続性のあるケアを利用できる利点があります。



□短期入所療養介護(ショートステイ)

介護する方が、病気や事故、出産、法事といった一時的に介護を続けることができなくなった場合等に、短期的に入所させることにより、介護する方の負担を軽減するための ものです。